大阪府泉大津市、高石市、堺市、和泉市、岸和田市、忠岡町の外壁塗装、塗り替えやリフォームなどでお悩みの方は【金丸塗装】にぜひご相談ください。

ホーム > おすすめ塗料

おすすめ塗料

『WBアートSi』『WBアートSiクリアー』

ススガファインの『WBアートSi』『WBアートSiクリアー』を紹介いたします。

仕上り

WB多彩仕上工法は特殊ローラーを使用し、上質な仕上りが得られます。
クリヤー塗装をするには劣化が進みずぎた箇所がある。でも、単に塗装するだけでは物足りない。
WB多彩仕上工法は、そんなあなたのデザインポリシーを応援します。

塗膜の光により劣化要因

1.樹脂の低分子化 
太陽の光にほ、目に見える光(可祝光)と目に見えない光(赤外線・紫外線)があります。
紫外線は波長100~400nmの領域を指し波長の長い方からUVA, UVB、UVCの三つに区分されます。この中のUVA(315~400nm)と一部のUVB(280~315nm)は地表まで到達し、高分子樹脂を劣化させます。

e塗膜を構成する高分子樹脂は、紫外線のエネルギ一作用により主鎖や側鎖が切断され、低分子化することで劣化します。
高分子樹脂のC-C結含エネルギーは、約343kJ/mo|でUVA-UVBの有する約3OO~428kJ/molのエネルギーにより、切断されてしまいます。 

2.樹脂の化学反応 
高分子樹脂に光が当たるとエネルギーの高い不安定なラジカル分子を発生させます。ラジカル分子は次々と連鎖化学反応を起こし高分子樹脂を劣化させます。

3.光触媒作用による樹脂の分解 
着色塗膜中の酸化チタン(自色顔料)は光触媒作用によりラジカルを発生させ、高分子樹脂を分解する作用があります。

従来の着色塗膜とクリヤー塗膜の組み合わせでは、紫外線はクリヤー塗膜を通り抜け着色塗膜に到達し,クリヤー塗膜は表層の紫外線による劣化と着色塗膜中の酸化チタンに起因する光触媒作用による劣化が複合して進行します。

WB多彩仕上工法の耐久設計

1.WBアートSiクリヤー​
約628kJ/molのSi-O結合エネルギーを有する特殊アクリルシリコン樹脂を使用しているため紫外線劣化に強い塗料です。

280~380nmの広範囲な紫外線領域を吸収する紫外線吸収剤 を配舎することにより、紫外線のエネルギーを化学的に熱や赤外線に変換して放出したり、自身の一時的な構造変換に消費することにより塗膜への影響を少なくしました。また、塗膜に均一に分散させることで長期にわたり効果が持続します。 

2.WBアートSi​
特殊アクリルシリコン樹脂及び先安定剤を使用し、優れた耐候性を発揮します。酸化チタンの表面に特殊な処理を施し光触媒作用を抑えた、高耐候性酸化チタンを使用しました。

3.WBアートシーラー 
カチオン系特殊樹脂を使用しているため、窯業系サイディングの劣化塗膜に対し優れた付着性を発揮します。白色タイフであるため、下地の隠ぺい性に優れ、塗替えでの仕上りをワンランク向上させます。

ダイヤセラコートアクア

従来は『弾性』と『低汚染性』は相反する性能でしたが
コアシェル構造により機能兼備を実現しました。
シリコン架橋が多い高分子構造の樹脂を採用したことで
『透湿性』『耐候性』が向上しました。

ダイヤセラコートアクアの特徴

様々な特長により塗替え時の美しさを永く保ちます。

透湿性

各種上塗材の中では最高フラスの透湿性を発揮します
透湿性の高い塗料は、雨などの氷滴は通さずに、水蒸気を逃がす性質を持ちます。よって熱膨れの原因となる水分を効率的に排出することができます。

高耐候性

紫外線や熱などの劣化要因に強いシロキサン結合を持つ塗膜が塗装直後の美しい仕上がりを永く守ります
木性シリコン樹脂塗料の中で最高の耐候性。
蓄熱性の高い部材は塗料の劣化を早めますので、特に耐候性の高い塗料を推奨します。耐候性の高い塗料は、塗料が持つ本来の様々な機能の低下を抑制します。

旧塗膜適性

各種下塗材や下地調整材への適性により、幅広い下地への対応が可能です​

超低汚染性

最新のセラミックハイブリツド技術により親水性の商い塗膜を形成し、超低汚染性を発揮します
セラミツフハイブリツドにより、親水性の向上(雨水で汚れが落ちやすくなる)と帯電性の低下(静電気を帯びにくくすることで挨を引き寄せにくくする)を実現しました。

柔軟性

柔軟性に優れた塗膜によりシーリング上に施工した場合のひび割れリスクを軽減します​
柔らかいシーリングの上に塗られた塗膜は下地の動きによりひび割れが発生しやすい状況にあります。
ダイヤセラコートアファはダイヤスーパーダンセイ(JIS A 6021 建築用塗膜防木材)の上室材として適用できる柔軟性に優れた塗膜が特長です。この特長によりシーリング上に施工した場合、塗膜のひび割れを軽減することができます。

防カビ・防藻性

防カビ・防藻性を有し、カビや藻の発生を抑制します。

© 2018 金丸塗装