大阪府泉大津市、高石市、堺市、和泉市、岸和田市、忠岡町の外壁塗装、塗り替えやリフォームなどでお悩みの方は【金丸塗装】にぜひご相談ください。

ホーム > 外壁塗装・塗替えの悪徳業者にだまされない為の注意点!!

外壁塗装・塗替えの悪徳業者にだまされない為の注意点!!

外壁塗装・塗替えや屋根塗装は大切なお家守る大切な工事のひとつです。

仮設足場から下地処理、外壁塗装、屋根塗装しっかりと施工すると100万~150万ぐらいかかることも戸建て住宅新築時から外壁塗装・塗替えの積み立てをおこなっている方はほとんどいないのが現実です。

マンションなどでは、修繕積み立て金を毎月積み立てて、大規模修繕工事の計画をしています。しかしながら、大切お家を守る為に外壁塗装・塗り替えは大切です。

工事の予算の少しでも低くしたい気持ちはわかりますが、悪徳業者はそこに目をつけてきますので注意してください。

訪問販売業者は悪徳業者?
訪問販売業者は悪徳業者でしょうか?

ほとんど訪問販売業者は外壁塗装のことわかっておらず、マニュアル通りに営業し、不安をあおり、法外な値引きをおこないお得感をだして契約をとることが目的です。

いい塗装しようとか、お客様のためになんておもっていませんので注意してくだい。
よく聞く訪問販売業者の営業トークです。

●モニターでやってもらうと、工事代金半分でいいですよ。

●今なら、足場代無料で工事させてもらいます。

●当社は塗料を大量仕入れしているので、格安で仕入れれます。

●当社はメーカーと共同開発した塗料で塗装します。

●本日契約してもらうと半額にします。

などなど、言葉巧みに契約をとってあとの工事はいい加減な工事に…なんてざらにあります。優良業者は最初からきちんと見積りをしますので、大幅ば値引きは普通に考えればできません。

足場代無料はありえません。足場代にも人件費や足場の資材の料金がかかりますので、リースでなくても資材購入からの原価償却や資材のメンテナンス費などかかります。

塗料を大量に仕入れても、実ところ塗料は様々な色がありますので、そこまで価格はかわりません。

たとえ5缶頼むのと100缶頼むと、一缶あたりよく変わって100円ぐらいまでです。
塗料メーカーと共同開発はありえないです。よく塗料メーカーと一緒に新商品の確認の試験施工を行っているのでよくわかります。基本的にOEMと呼ばれる類似品になります。

見積り当日に契約しようが、一ヶ月後契約しようが、半額なるなんてありえないです。悪徳訪問販売業者は最初から値引き分を多めにのせて見積りをしているか、もしくは、大幅な値引きをして、下請け業者に格安で施行させるなど、品質を守もることはできません。

見積一括サイト、紹介サイトは有効か?
今、一番のトラブルになっているのが、見積一括サイトや紹介サイトです。複数社に見積りを一度に依頼でき、お客様からすると一見有効な見積りかと思いますが、実はそこには紹介一件に付数万円…成約手相見積もりで一

数料20%が発生したりと、直接工事店に依頼していると思いきや、マージンをとられてしまい、適正価格で外壁塗装や塗替えを行えないことでトラブルになるケースがおおいです。見積一括サイトや紹介サイトはWEB業者がやっていることが多く、本当の塗装業者ではありません。

ホームページ等で業者を探すには検索順位にまどわされずに時間をかけて、しっかりと探すほうが良いと思います。

相見積で一番安い業者を選ぶことについて
外壁塗装・塗替えは高額になるために相見積り自体は有効な手段かもしれません。

しかしながら、価格ばかりで業者で選んでしますと、失敗する元になります。

同じ材料で金額が大幅に違う場合は工程を省いたり希釈しすぎたりして、予算を減らそうとして、結果、数年後に剥がれや汚れなど後悔することになることがあります。外壁塗装・塗替えにはしっかりと適正価格があります。

塗料メーカーの設計単価と呼ばれるものがあり、そこに当てはまっているか、設計単価より安すぎないか高すぎないか調べることをおすすめします。

公共工事の入札工事も適正価格の表記があり、適正価格より低い見積りは落選します。

適正価格をいかに知ることが重要になってきます。地元で長年愛されている塗装業者やご紹介が多い塗装業者をおすすめします。

見積書から悪徳業者か優良業者か見極める
優良業者は見積書もきちんとしています。

1式工事ばかりの見積書は悪徳業者の可能性が高いです。平米数がすくないとかの場合は仕方ないですが、基本的には

仮設工事    くさび式足場         数量○○○㎡   単価○○○円  計○○○円

となります。

仮設工事                  1式                 計○○○円

ばかり目立つ見積書には気をつけましょう。塗料の名前が書いてあるか確認しましょう。

一般的な見積書

外壁塗装 下塗り 水性カチオンシーラー    数量○○○㎡ 単価○○○円  計○○○円 

外壁塗装 上塗り パーフェクトトップ2回塗り  数量○○○㎡ 単価○○○円  計○○○円

悪徳業者の見積書

外壁塗装     シリコン          1式              計○○○円

塗料の名前もなく1式工事ばかりの見積書は正直やめておいた方がいいです。記載されている平米数について坪数からは塗装の面積はわかりませんので、

外壁塗装 下塗り 水性カチオンシーラー    数量○○○坪  単価○○○円  計○○○円 

外壁塗装 上塗り パーフェクトトップ2回塗り  数量○○○坪  単価○○○円  計○○○円

坪数表記の見積書は外壁塗装・塗替えの工事について素人と判断してよいと思います。よく聞くのが平米違いです。同じ図面をわたしているのに平米数が全然違うなんてことがあります。

明らかに多いに見積書は別ですが、実際にきちんと計測している業者さんの方が多く平米数がある傾向にあります。

平米数が多いと高くなると思いますが、実はこれが肝心所です。もし少ない平米数で見積書が契約になり実際の平米数より少ないと材料が足らなくなって、希釈しすぎたり、2回塗りの所を1回塗りにしていまうなどの手抜き工事の元なります。見積書に記載されている平米数は実際のところ多い方がしっかりと塗装できる証拠になります。

格安業者のコミコミプラン価格の業者は?
とにかく安く外壁塗装・塗替えするにはいいかもしれませんが、実際のところ、一件一件外壁の痛み具合は違いますし、下地処理を適切にせずに塗装でかくしてしまいがちになります。

格安で行いたい場合はいいでしょうが、きちんと外壁塗装・塗替えを行いたい場合は適正価格の地元の業者に工事をお願いするをおすすめします。

今のお家の状態を的確に判断し、よりよい下地処理から塗装まで行うことができます。安いものには安いものの理由がありますから。

本当は100万円かかる工事をコミコミプランで80万円ですると20万円分を補わないと会社はやっていけません。そこで目に見えない手抜き工事が発生します。後悔しないようにしっかりと業者を選ぶことが大切です。

塗料グレードから悪徳業者の判断できるか?
今の主流はシリコン塗料以上が主流です。アクリル塗料やウレタン塗料をすすめてくる業者は要注意が必要です。サイクルコストが一番良いのがシリコン塗料になっているので、お客様のことを本当に考える業者はシリコン塗料以上をすすめてきますので、これは一般住宅でもマンションでも同じです。

サイクルコストが一番安いのが結果お客様にとって一番の利益になるからです。アクリル塗料やウレタン塗料が安いからと言ってすすめてくる業者はお客様のことを考えていない証拠になります。

先日、地元の業者さんで当社が施行している近くでアクリル塗料を使用している現場があってびっくりしたところです。アクリル塗料だと3年も経たないうちに劣化が始まります…同じ地元でよく知ってる業者さんだったのでお客様がかわいそうに思ってしまいました。
悪徳業者に騙されない為の注意点 まとめ
●訪問販売業者には気をつけるうまい話は世の中にはありません。

●見積一括サイトや紹介サイトはWEB業者、本当の塗装業者ではありません。

●ホームページの見栄えだけでは判断しない。

●相見積でも適正価格をしっかり見極める。

●見積書の一式工事、材料名はよく確認する。

●コミコミプランは手抜き工事がおこりやすいのでしっかりとした地元の業者さんへ。

●塗料グレードでサイクルコストが良いのはシリコン塗料、アクリル、ウレタン塗料はなるべくさける。

●地元の業者でも手抜き工事がある場合があるので業者選びに注意が必要。

以上8個注意点を守れば悪徳業者からお家を守ることができます。外壁塗装・塗替え行う時に思い出してもらうといい業者さんと出会うことができると思います。

 

 

塗装家コラム   2017/03/15   株式会社 カネマル
© 2018 金丸塗装