大阪府泉大津市、高石市、堺市、和泉市、岸和田市、忠岡町の外壁塗装、塗り替えやリフォームなどでお悩みの方は【金丸塗装】にぜひご相談ください。

ホーム > 木が灰色(ねずみ色)に…

木が灰色(ねずみ色)に…

木材が灰色になぜなるの?
屋外にある木材はほぼ、なにもしなければ、どんどん、灰色になっていきます。このことを、木材塗料メーカーでは、木材の灰色化とよんでいます。

風化ともいいます。木材の変色には、色々な要因があります。樹種によってもかわるので、微生物や、太陽光(紫外線など)、鉄など、木材の灰色化には、太陽光(紫外線)、雨、木材の中のリグニンとよばれる成分が多いに携わっています。

リグニンは太陽光(紫外線)反応し、分解され、雨によって、洗い流れて、それの繰り返しにより、だんだんと木材の奥まで、灰色化(風化)がすすんでいきます。

木材の灰色化
オスモウッドリバイバージェル
この灰色化現象をある程度もとにもどすことはできます。オスモウッドリバイバージェルです。オスモさんの製品は植物油からの塗料なので、安心で、木材も痛めずに自然な雰囲気に戻すことでき、非常に気にいってます。

ペイントリムーバーとウッドリバイバージェル

ウッドリバイバージェル作業中

施工後

和風の軒先などは、このまま置いておくこともありますが、ウッドデッキ場合は上から塗装をします。

もちろん、オスモさんのウッドステインプロテクターです。半増膜タイプで、ふくれやはがれ、白くぼけることもありません、浸透タイプでは、キシラデコールなど使うこともありますが、ウッドデッキにはウッドステインプロテクターがおすすめです。


ウッドステインプロテクター、マホガニー
ウッドデッキの新築の塗装について

南洋材などの硬い木材の場合、ウッドデッキによくつかわれています。
あたらしくウッドデッキを新設し、塗装したんですが、半年後に色がとれてしまって…なんてことにならないためには、先ほどの灰色化を現象を利用しないといけません。

南洋材などは、非常に硬質で緻密でできていますので、塗料の含浸(入り込む)隙間がありません。表層のみにとどまって、半年も経たずに塗料の色がとんでしまうことがあります。

ウッドデッキを新設にすぐ塗らないと思いがちですが、ここは我慢が必要です。最低半年〜一年は木材を劣化させて、灰色化現象が起ってから、塗装するようにすると、しっかりと、木材の内部まで入り込み長持ちします。DIYでご自身で塗装する際もここに気付けてじっくり我慢して塗装してくだい。

塗装家コラム   2016/03/01   株式会社 カネマル
© 2018 金丸塗装