大阪府泉大津市、高石市、堺市、和泉市、岸和田市、忠岡町の外壁塗装、塗り替えやリフォームなどでお悩みの方は【金丸塗装】にぜひご相談ください。

ホーム > 屋根塗装(塗料)のこだわり

屋根塗装(塗料)のこだわり

オリエンタル塗料は屋根塗料のパイオニア
屋根の塗料について、私のこだわりとゆうか安心感から、屋根塗装の塗料メーカーさんほぼ決まっております。様々な塗料メーカーがありますが、過去、膨れや剥がれが起きていないのは、その塗料メーカーさんのおかげだと思っております。

オリエンタル塗料さんといいます。一般の方はあまり存知あげてない方もいらっしゃいますが、塗装の業界で本当にお客様の考えている方は必ず知っています。
耐候性・色差

スーパーUV試験(耐候促進性試験)のデータ比較になります。これも一目瞭然です。オリエンタル塗料のシリコン樹脂+シリコン樹脂クリアーと遮熱シリコン樹脂+シリコン樹脂クリアー他社製品のフッソ樹脂をしのぎます。シリコン樹脂とフッソ樹脂でも、その配合量、その配列、主骨格によって、これだけ差つきます。

実際にスーパーUV試験を行った見本板です。
ここまで、色差が出でいます。これは、使っている顔料違いが顕著にあらわれています。

オリエンタル塗料さんの密着性とその性能
オリエンタル塗料さんではよく聞かれる。プライマー言えば、カチオン系、エポキシ系ですが持っていません。

シリコン樹脂で密着させています。 よく、屋根の塗り替えでトラブルになるモニエル瓦もシリコン樹脂で密着させ、なおかつ、耐候性もかなりいいです。正直、材料費は高くなりますが、品質を求める私にはかかせない塗料メーカーです。

なぜ、シリコン樹脂がよいかと、以前に、元オリエンタル塗料さんの開発の石野さんにうかがったことがあります。屋根には基本湿気が必ずあると、シリコン樹脂は様々な樹脂の中で一番水分になじみやすい、そして、かなり乾燥、収縮繰り返す。もちろん、紫外線量、そして、降雨による表面の摩耗もある

(降雨…雨になるには空気中のホコリやちりなど水分とついて地上にそそがれるの細かいホコリやちりによってもちろん水分にも摩耗させられる)

そのバランスが一番良いのはシリコン樹脂です。と
今、石野さんは、オリエンタル塗料さんを退職され、大同塗料さんに移られています。

ですので、私の扱う屋根の塗料のほとんどが、オリエンタル塗料さんか大同塗料さんになっています。石野さんのファンです(笑)

また、日本瓦(いぶし瓦)、陶器瓦(釉薬瓦)、センメト瓦、乾式コンクリート瓦(モニエル瓦)、薄型化粧スレート(カラーベスト)、波形スレートなどありとあらゆる屋根材に塗装できます。

これが屋根塗料パイオニア、オリエンタル塗料さんです。もちろん、石野さんの新たに開発した大同塗料さんの屋根塗料も素晴らしいです。

 

塗装家コラム   2016/01/10   株式会社 カネマル
© 2018 金丸塗装