大阪府泉大津市、高石市、堺市、和泉市、岸和田市、忠岡町の外壁塗装、塗り替えやリフォームなどでお悩みの方は【金丸塗装】にぜひご相談ください。

ホーム > 塗装Q&A

塗装Q&A

Q.壁をさわると、白い粉つくのですが?

チョーキング現象(白亜化)と呼ばれております。
塗装をしてから、数年たって、紫外線や雨水によって、塗装の表面が、細かい粉状(チョーク状)になることいいます。日当り、西日が激しい外壁面などに、比較的早くおきてしまいます。

チョーキングがあるからといって、今すぐに塗替えをしないとではないですが、これから塗替えの計画を立てるサインの一つです。

Q.外壁にひびが入っているのですが?

クラック(ひび)と呼ばれるものです。
主に、モルタルだとか、コンクリートに入りやすいです。乾燥、収縮を繰り返して、下地から起こることが多いです。また、ひび(クラック)の巾や深さによって、髪の毛ぐらいの日々(クラック)をヘアークラックといいます。

もう一つ、クラックには塗膜のひび割れもあります。塗膜クラックとは、塗膜が亀の甲状になることいいます。

Q.シーラーはなんでいるんですか?

シーラー大きくわけて3つの役割を持っています。
その1…塗装仕上げをよくする為に下地の吸込み止め効果があります。
その2…塗装下地にはアルカリ性が多いので、塗膜に悪影響を与えるアルカリ性を押さえる効果があります。
その3…塗装下地には、弱くてもろいものから、強くて硬いものまであります。これらの付着性(密着性)高める為に下地にあったシーラーを使いわけます。

シーラーは基本的必要ですが、塗替えではシーラーレス塗料(シーラーがいらない)もあります。

Q.赤いサビみたいものがであるんですが?

赤サビと呼ばれるものです。
ペーパー、皮すき等で十分にけれん(サビをとる)作業を行って、サビ止め塗料をしっかりと塗装することによって、サビを抑制できます
上塗り塗料を塗装することによって長くもたすことができます。

Q.塗料を分厚く塗ってほしいのですが?

塗料には規定の塗布量が決まっております
一度に分厚く塗装すると、塗膜クラックがおきたり、塗料たれてしまったり、塗膜の内側で乾燥しにくくなったりしますので、1回あたりに塗装する量を変えずに何回か分けて塗装したが仕上がりがキレイになります。

Q.外壁の色が新築の時とだいぶ違うようにおもうのですが?

退色と呼ばれる現象です
塗料の中には、樹脂と呼ばれものと、顔料と呼ばれるもの、添加物と呼ばれるものが入っております。塗膜の紫外線劣化などで、顔料(白色、黒色、黄色、赤色、青色など)が分解されて、色が変わってみえいます。また、濃彩(濃い色)などは早いだんかいで退色がはじまります。

Q.塗料は薄めるほうがいいのでしょうか?

薄めすぎには注意が必要です。十分に塗料の性能が発揮しない場合があります。塗料メーカーで各材料の希釈率 (薄める量)が決まっております。一般的には、ローラー場合に塗料の量に対して10%未満が多いです。

Q.フィラーってなんですか?

最近よく使われているのが、微弾性フィラーと呼ばれるものです。シーラーの機能に厚みをもたせることでテクスチャー(模様)つけたり、目止め効果があります。
セメントのフィラーもあります。セメントフィラー、カチオンフィラーなど。

Q.目止めってなんですか?

目止めとは下地に小さな穴を目とよびます。その目を埋めることが目止めとよびます。下地が均一になることによって仕上がりがきれいな仕上がりになります。新築ALCには絶対に必要になります。後々の塗膜の膨れなどがおきます。木材を塗装する際にも行います。

Q.下塗り、上塗りってなんですか?

下塗りは主にシーラーやフィラーと呼ばれるもので、モルタルやサイディングなどに塗装工程の中で始めの方に塗装するもので、下地と上塗りを密着しやすくする要素をもっています。下塗りにはほとんど耐候性がないために、上塗りで耐候性をもたせて長持ちさせることができます。

Q.耐候性ってなんですか?

耐候性とは屋外における、紫外線や雨や気温変化に対して、どれだけ耐えることができるかどうかです。耐候性がよければ、外壁塗装の場合、長くもつと考えます。

Q.水性塗料と溶剤塗料はなにが違うの?

水性塗料は水で希釈できる塗料のことです。溶剤塗料はシンナー等で希釈できる塗料のことです。

Q.水性塗料と溶剤塗料はどちらが長くもつの?

溶剤塗料の方が比較的長くもつとゆわれています。でも、最近の水性塗料の技術がよくなっているので、ほとんど変わらないものたくさんあります。溶剤塗料は匂いがするので、塗替えには環境問題や近隣方へ配慮を考えると水性塗料がむいていると言えます。
ただし、下地の問題や塩害地域などの問題で溶剤塗料を勧めることもあります。

Q.弾性塗料を勧められたんですが?

弾性塗料は柔軟性があって、ゴムのようにのびたりしますおので、ヘアークラックなどから雨水の浸入を防ぐ機能があります。しかし、弾性塗料には汚れやすかったり、塗膜裏からまわった雨水等には弱く塗膜が膨らんだりしやすいので、下地によって使い分けしないといけません。

Q.養生(ようじょう)ってなんですか?

養生とはポリシートやマスカーなどで、窓を覆ったりして塗料を塗らないところにつかないようにすることをいいます。また、高圧洗浄やシーリング(コーキング)などを時間をおいて乾燥させることを養生期間ともいいます。

Q.外壁塗装の見積書に高い塗料と安い塗料があるんですがどう違うのですが?

価格の差は耐候性の違いや見た目の意匠の違いにあります。高い塗料は耐候性がよくて長くもちます。安い塗料は耐候性がよくなくて長くもたないです。チョーキングや退色が早くおきたりします。高い塗料は長くもつので、塗替えのサイクル(10年のところが15年になる)が長くなります。
高圧洗浄や下地処理など適切に行わなければどれだけ高い塗料を使っても長く持ちません。

Q.高圧洗浄は必要ですか?

高圧洗浄は必要です。高圧洗浄ができない場所であれば、水とデッキブラシ等を用いて、入念に下地処理が必要になります。しっかりと高圧洗浄で汚れやほこりを落とさないと塗料と下地の間に異物がはいり、どんなけ良いシーラーをつかっても密着しません。あとで塗膜が剥がれ落ちたりします。

Q.足場がなくても工事をできますか?

立地条件によって異なります。足場は作業の為ではなく飛散養生を兼ねて、メッシュシート養生も同時に行うことができ、近隣の方へ配慮にもつがなります。転落事故防止に足場は必要になります。安全第一ですから。
© 2018 金丸塗装